定盤(500×500×20、平面度100分の2)

  • 定盤(500×500×20、平面度100分の2)
製品分類 架台 業界 受託加工業
素材 SC 厚み
サイズ 500×500×20 個数 1

特徴

こちらは、定盤を研磨し、平面度100分の2を実現した事例です。

当初お客様は、6F(6面フライス)を定盤として使用していましたが、「ハイトゲージの基準として定盤を使用しているから、平面度100分の2がでている必要があるではないか」という話になりました。

しかし、他社に依頼したところ「500×500×20のSC材で平面度を100分の2をだすのはできない」と断られたため、当社にご相談いただきました。そこで当社にて、平面度を出すために、定盤の裏面を荒研磨後、表面を研磨することで、平面度100分の2を実現できました。

定盤は、メーカーから購入するとなると高額になってしまいますが、6F材から研磨をすることでコストを大幅に抑えることができます。

定盤製作でお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

    お名前
    必須項目
    ふりがな

    会社名
    必須項目

    郵便番号
    必須項目

    所在地

    都道府県:
    市区町村:
    番地、ビル名など:

    メールアドレス
    必須項目

    お問い合わせ内容
    必須項目

    お問い合わせを送信後、ご入力いただいたメールアドレスあてに、お問い合わせ受付の確認メール・回答メールをお送りいたします。 メール受信制限機能をご利用のお客様は、「同意の上、送信する」ボタンを押す前に、「info@kumadashokai.co.jp」からのメールを受け取れるように設定をお願いします。

    プライバシーポリシーに同意の上、送信内容を確認してください。